相 撲 甚 句

漁願(ぎょがん)相撲(串木野今昔) 串木野さのさ Main Page

恵比寿神社の奉納相撲


写真提供(第三興洋丸 潟村氏)


毎年、七月になると出漁していた串木野のマグロ船は全船帰港する。串木野漁港がマグロ船でひしめき合う。恵比須神社に 大漁を祈願するための奉納相撲が行われるためである。
相撲大会前日、船乗りの家庭では、明日のお重に詰めるごちそうを料理するのに大わらわである。出来上がったお重は近所 にも配ってまわる。
当日は、港内の漁船は一斉に大漁旗を掲げ、相撲大会を盛り上げる。奉公に出ていた二十歳の娘達は、奉公先に暇をもらい 、相撲大会の接待役として花を添える。これは、若い船乗りとの集団お見合の場ともなり、多くのロマンスが生まれた。
近年、船員の減少、マグロ船が大型化、マグロの漁場が遠洋になったことで、帰港する船が少なくなり漁願(ぎょがん)相 撲も行われなくなった。




恵比須ケ丘

二才衆は、恵比寿神社よりご神体を神輿(みこし)に遷す儀式を行ない、それを担いで、相撲会場に鎮座し、奉納相撲がは じまる。競技の前にそれぞれの船の大漁旗を化粧回しにして、土俵入り、甚句の披露をする。漁願(ぎょがん)相撲の前日まで、波止 場では甚句を唄いながら、踊りの所作を稽古する風景が見られた。

  (昭和35年)

  (昭和42年)



相撲甚句

<前唄>

揃う 揃うた 揃いました
あ〜あ 関取衆が揃うた
秋の出穂より まだ良く揃うた

はぁ〜あ 船乗りさんには どこ見て惚れた
踊る甚句のよ 意気の良さ

はぁ〜あ 串木野港に
舟が百杯(ぱい)着きゃ
帆柱も百本(ぽんぽん)
止まる烏も同じ百羽(ぱっぱ)
雀がチュ 烏がカア 鳶がほだね吹きゃ
チンする する


<出船甚句>

眺めも清き恵比須が丘でよ 晴れの相撲を終えるなら
しばしの名残り別れをば 惜しみながらも船の上
見送る涙知らぬげに 笑顔で握る錨綱
五色のテープは風まかせ 別れの汽笛が身に沁みる
串木野港(みなと)を後にして 汐路遥かな三陸へ(インド洋)
白波けたてて幾千里 波を枕の夢かなし
鴎飛び交うその中を 昨日は東今日は西
逆巻く怒涛波しぶき この身は寒さに凍るとも
負けずに我ら元気にて 紅葉色づくその頃は
大漁旗立て帰ります どうぞ皆さん留守中は
ご無事安泰いや栄え 今日の土俵で祈ります
今日の土俵で祈ります


写真提供(第一興洋丸 潟村氏)

<入船甚句>

夕焼け色どる南の沖はよ 満船大漁の旗立てて
船足深く来る船は あれは串木野まぐろ船
長の航海さぞやつれ 逢いたい見たいは皆同じ
電波は飛ぶ飛ぶふるさとへ
波路(汐路)遥かに種子屋久か 浮き立つ島は数々の
煙たなびく硫黄ヶ島 風手にのぼれば日向灘
朝日に輝く桜島 北にそびゆる高千穂や
南遥かに眺むれば 姿うるわし薩摩富士
岬の灯台後にして 船路は急ぐ薩摩潟
火立ヶ丘の山々も 近くなるのか海鳥は
群くみながら飛んで行く
ああ懐かしや串木野港 三月の旅路もつれづれに
無事に帰った嬉しさに 迎えるあの娘は
笑福えびす顔 明日の大漁夢見つつ
思いは同じおしどりの 愛と情との錨綱
愛と情との錨綱


<民謡甚句>

お国自慢を甚句に詠めばよ 北は北海盆踊り
津軽恋しやあいや節 八戸小唄で夜が明ける
今も昔も変わりなく 草木もなびく佐渡おけさ
どじょうすくいは安来節 手拍子そろえて木曽え節
ヨサコイ節にはトンコ節 三井三池の炭坑節
東京音頭や舞妓はん 花笠音頭にゃ花が咲く
伊勢は津でもつ伊勢音頭 南国土佐の阿波踊り
博多祇園か黒田節
五島さのさのなつかしや ばってん熊本おてもやん
日向かぼちゃのよか嫁じょ ひえつき節には鈴が鳴る
三味や太鼓にはやされて じゃんじゃん踊るは鹿児島の
がっついよかよかはんや節
お国自慢のその中で 港串木野本浦の
相撲甚句は日本一 踊れ大漁の旗の波
踊れ大漁の旗の波


<嫁入甚句>

今日の良き日を甚句に詠めばよ めでためでたの高砂よ
この浦舟に帆上げて 結び合わせて縁となる
金襴緞子の帯締めて 今日は嬉しやお嫁入り
ほんにおまえは果報者
これもひとえに皆様の 厚い情けの賜と
受けたご恩の数々は 決して忘れるものじゃなし
これから先の日暮らしは 幸か不幸か知らねども
永久に契りし、その上は
暑さ寒さに気をつけて 波風荒き人生を
互いに手を取り乗り切って りっぱな夫婦になるように
母は 両手合わせて祈ります
まだまだ未熟なもの故に どうぞ皆様これからも
行く末永く頼みます
どうぞ皆様 頼みますよ




Page Top Main Page

このホームページに関する感想、お問い合わせ、苦情は下記まで。
ページ作成者: 南竹 力
E-mail   : nantenbo(後に @nifty.com を付けてください。)

ページの更新年月日:2007年2月27日